辻兼食品工業株式会社の取り組み

総合食品メーカーをめざす当社では、1988年11月に「本社・工場」を建設しました。そこでは、主にとうふとあげを取り扱い、お客様のニーズに広く対応するような商品の供給に努めております。清流で知られる、長良川の豊富で良質な地下水を使い、最新の衛生的な生産設備から、日夜高品質のとうふを造り出しております。更に、当社では、おいしいとうふ造りに最善を尽くしており、にがり100%のとうふなどをはじめとしてお客様に喜ばれる製品づくりを心掛けています

かんてん【生菓子】かんてんは、寒天粉の品質と水によって 品質を維持するもの。 良質の寒天粉をつかい、味と香りに充分注意してつくることにより、 食感とおいしさを追求しています。

創業以来扱っている「こんにゃく」には、 絶対的な自信をもっています。 それは100余年に及ぶ長い伝統、 経験に裏打ちされた 卓越した技術と最新設備の導入に伴う新しいこんにゃく生産技術の 取り込みで、食生活の変化に柔軟に対応できるような 製品づくりに積極的に取り組んでいます。

「岐阜県HACCP導入施設」として認定していただきました。(2017年6月22日 岐阜県庁にて)

岐阜県HACCPとは、

岐阜県が定める基準を満たす衛生管理を実施している施設を認定し、食品営業者がHACCPに基づき衛生管理をしていることを積極的に評価する制度です。

(参考 岐阜県ホームページより http://www.pref.gifu.lg.jp/…/shoku/sh…/11222/gifu-haccp.html)

  facebookもご覧ください

つじかねに子どもたちが見学に来てくれました(写真をクリックで拡大します)

つじかねの商品

  • 岐阜県産大豆フクユタカと長良川の伏流水をつかい、低温豆乳熟成製法、にがり100%など …

    とうふ・あぶらあげ

  • 「海の野菜」海草でつくられた体にやさしい食品です。カロリーハーフでコラーゲンペプチドを …

    かんてん

  • 100余年の経験に裏打ちされた卓越した技術と、最新設備の導入に伴う新しいこんにゃく生産技術 …

    こんにゃく他